上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日から鞆浦大敷網漁がはじまりました。

海に敷設されているこの大敷網は、長さ1,350m 幅100mというスケールの大きな定置網です。
全体はこんな感じ ↓↓↓

大敷網全体



本船の虹マンボウと側船の2隻1組で上の絵の赤いマークの所に船を止め、ロープを巻き上げながら網をしぼって2段箱に追い込みます。その後虹マンボウのクレーンに吊ってある『たも』ですくい上げます。

↓↓↓ 拡大図
大敷網拡大




ここからは、初持ちの状況です。

写真は鞆浦漁協職員No.⑥さんが写したのをお借りしました。


虹マンボウが網を巻き上げてしぼってきました。

網しぼりこみ




魚をすくえる所まで、さらにしぼり込んでいきます。

網しぼり込み.jpg



虹マンボウのクレーンに吊ってある『たも』で魚をすくい、鮮度を保つため船内にある魚槽で氷詰めにします。

たも


魚槽

作業が全ておわったら、帰港。



いよいよ水揚げです。



先ほど氷詰めにした魚槽から魚をすくい上げ、鞆浦漁協の市場に設置された選別機に入れられます。

たもですくって・・・
水揚げ


どっばー

選別機へ




ベルトコンベアで移動しながら、大きさごとに振り分けられます。

ベルコン選別



選別機全体図はこんな感じ

選別機全体

大きさごとに分けられた魚を、人の手で魚種別に分けていきます。
 

こんな魚がとれました。

ごまさば めじか 太刀魚 ←クリックで拡大
ごまさば               めじか              太刀魚

えばご・青あじ ←クリックで拡大
(左)青あじ(右)えばご(ギンガメアジの子)




あと、シイラ・サワラ・鯛なども入っていました。









大敷網、こんなのも入るんです。






ひーっ!!






青ざめ

青ざめ~(正式名はわかりません)



以上、大敷網漁の紹介でした。



最後に↓↓↓ポチポチっとクリック↓↓↓いただけたらうれしいです。
 人気ブログランキングへ
いつも有難うございます。

スポンサーサイト
2011.11.17 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。