上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
本日2度目の更新です。 1度目→ 昨日の野菜収穫と花苗の植え替え
今日は徳島鞆浦大敷網漁は、あっちを向いてもこっちを向いても
サバ・サバ・サバ・サバ・サバだらけ~

ごまさば

後ろに2段重ねになっているのも、全て『ごまさば』です。



そして、活けのカンパチ~、まだ小さいので『シオ』と呼びます。

シオ

目の上のほうに黒い帯がみえるでしょ。

『カンパチ』(間八・勘八)という呼び名は、正面から見た際にこの目の上の斜め帯が漢字の「八」の字に見えることに由来するそうです。



そして、  今日の主役    

マダイ

マダイによく似た魚で、チダイ・レンコダイがあります。
慣れてくれば外観の色や形で簡単に識別できるそうですが・・・私もよく分かりません。

一番確実に見分ける方法は、しっぽの先を見て下さい。
マダイは後端が黒くなっています。

養殖と天然の見分け方

天然マダイの多くは鮮やかな桜色。
養殖は黒っぽい色をしています。餌の違いや日焼けによって違いがでてくると言われています。


色以外の見分け方

養殖・天然の鯛 ちがい
(左)天然マダイ (右)養殖マダイ

白丸の部分 
天然には左右2対の鼻腔がありますが、人工種苗に由来する放流や養殖マダイでは少し大きめの穴がひとつになります。


胸鰭(ムナビレ)の違い

↓ 天然
天然鯛 胸鰭

↓ 養殖
養殖タイ 胸鰭

天然マダイは胸鰭の軟条(なんじょう)が一直線にのびます。
放流マダイ・養殖マダイは軟条にゆがみがあり、長さも短くなっています。


どうでもない記事に
長々おつきあいいただきまして、ありがとうございました


最後に↓↓↓ポチポチっとクリック↓↓↓いただけたらうれしいです。
 人気ブログランキングへ
いつも有難うございます。
スポンサーサイト
2011.11.21 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。